GOLDFIEの始めやすさ

GOLDFIEは始めやすい?!

皆さんこんにちは、管理者のなぎです。

今日はGOLDFIEの特徴を紹介していきたいと思います。

 

① 分かりやすい

よくあるMLMビジネスのように商品を特徴を覚えるとか、製品の良さを実感するとか、
何かを沢山購入してみるとか、セミナーに沢山参加しなければならないとか
そういうことは一切ありません!(キッパリ言い切ってしまいます)

教育を中心としたビジネスの趣旨や内容を理解するだけです。
定期セミナーに1回参加するだけで、皆さんご理解頂けています。
そしてこの電子書籍ビジネスを広げて頂くだけです!

 

② お金がかからない

私が一番いいな!と感じたのはお金があまり?かからないことです。
費用がかからないのに収入・リターンが大きい(これは大事なことなので後で説明しますね)
※「お金がかかる」というのは個人差がありますので一概に言えませんが・・・

登録時の登録事務手数料(8,000円)+電子書籍の購入費だけです。
電子書籍は5種類に分かれていて、最低1つ書籍購入が必要です。

図にまとめてみました。

BRONZE〜GOLD PACKまであり、名前で何となくお分かりになるかもしれませんがGOLDに近づくほど高価な書籍になります。
日本人の感覚からすると「こんなに高い書籍なんてあるの?」という感じもするのですが、アメリカでは教育商材ではあるとのこと。。。

参考までにBRONZE PACK (Package1)を購入した場合は下記の通り。

事務手数料 5,000円+ 書籍代 36,000円 = 41,000円
これがビジネスに参加するために必要な費用です。

★ポイント:登録後は一切お金がかかりません!!

もちろん初期登録時にBRONZE〜GOLD PACKまで一気に購入することも可能ですし
登録後に他のPACKを追加購入することも可能です。

ちなみに私はBRONZE〜GOLD PACKまで全部持っているのですが
お金に余裕があれば5つ全部持つことをオススメします。

BRONZE PACKで44,000円ですので、主婦の方や学生さんでもアルバイトのお小遣いで始められる負担の少ないビジネスと思います。

 

③権利が消えない

よくあるビジネスでは定期的に活動をしていないと権利が無くなったり
更新にお金が発生したりしますが一度登録をしてしまえば権利は永遠に続きます。

GOLDFIEが権利収入型や印税型のビジネスと呼ばれるのはそのためです。

 

④周りの人がビジネスを手伝ってくれる

他のビジネスでは本当に考えられない内容ですが・・・

「周りの人が手伝ってくれます」

こういうと「支援しますから」とか「一緒に頑張りましょうね」とか、よくある文句のように聞こえてしまいますがGOLDFIEでは仕組み自体、周りが手伝うことにより成功してしまうようになっています。
私はこのパターンを「棚からぼたもち」と言っています(笑)

大前提ですが自分が頑張った分だけ収入が増え報われますので、何もしなくても良いという事ではありません。

 

⑤権利相続

先程「権利が消えない」というご説明をしましたが、自分が亡くなった後も収入の権利が残ります

亡くなる前に権利相続手続きを行って頂く必要がありますが、自分のお子さんやお孫さんに権利を引き継ぐことが可能ですので「もう歳だから」とか「今からやっても」と思われる必要は全くありません

先日、テレビ番組で過去の偉人「伊能 忠敬」さんについて紹介していました。
55歳から日本地図作成を始められたされたとのことで、何事もいつ始めても遅くはないと思います。

 

⑥電子書籍出版の権利と印税

GOLDFIEではビジネスに参加している人に対して「電子書籍の出版」の権利が与えられています。

もしご自分自身が電子書籍を作成してみたいとお考えならば出版が可能です。
作成された電子書籍はGOLDFIEで販売されます。

電子書籍化の作成費用は0(ゼロ)円です。
他の電子書籍では高額な出版費用が掛かってしまいますが無料で作成可能です。

また印税については販売価格の1%(2017年8月現在)となっています。

BRONZEでも1冊あたり360円となり一般の電子書籍とは比べ物になりません。
またGOLDFIEが発展すればするほどビジネスによる収入だけでなく印税収入も増加します。

皆さんの周りに本をお書きになる方がいましたら是非お声がけ下さい。

★印税収入はメインの収入ではありませんのでご注意下さいね。

 

⑦教育商材として

GOLDFIEでは一般の電子書籍店では売っていない内容が多いのでビジネスを中心に活動されるとしても
電子書籍で勉強されることをオススメしています

私は海外の経済書籍を読みたいと思うのですが・・・・

英語版だけしかなく大変です(汗) 英語がんばりましょうね英語。

 

⑧将来性について

GOLDFIEは電子書籍という新しい分野で広がっている教育ビジネスです。
時代に合った歩みができるビジネスと考えています。

どの国であっても、そして学生から社会人まで誰でも参加できるビジネスです。

現在、日本でも急激に参加者が増えている状況です。
今後はビットコイン(仮想通貨・暗号通貨)の取り扱いも計画されていますので
ビジネスの発展が見込まれています。

 

また今後の進捗についてはこのサイトでご紹介していきます。
ご質問などはLINE@などでお受けしています。

大勢の方のご参加をお待ちしています。
よろしくお願いします。